糖尿病を予防するには食生活の改善が第一歩です

糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。3食バランスよく食べて、ご飯を少なく摂ることが大事です。若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも良くありません。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、指導しています。「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。食事について、1日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。どんなに忙しくても、短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してちょうだい。ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってちょうだい。多種色々な栄養素を適量摂ることが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。それぞれに似つかわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。普段私立ちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、そのうち最も多い栄養素を元に、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が記載してあります。食品交換表を元に普段の食事を意識すると、日々の献立づくりの幅が広がります。人は加齢と共に筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。その結果、血糖値の上昇へとつながります。とりりゆう食事の後は、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富にふくむ野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。併せて、ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するので、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できるでしょう。その中でも、食生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)や生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)習慣と関わりが深くもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、そのまま状態が進行し悪化するとやがて合併症を引き起こす要因となります。不適切な食生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)は2型糖尿病をまねくきっかけとなるので、治療には食生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)の見直しと改善が必要です。糖尿病性の合併症につながらないよう体重や血糖を適正に保つ、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも記載されています。普段から、カロリーなどを頭に入れておくとよいでしょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、適切なタイミングで食べものを摂らないと、状況次第では低血糖になる怖れがあるので注意が必要です。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行ってちょうだい。体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。普段わたし立ちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、すべての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」によって大聴く作用します。「体内時計」は、日々の生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)習慣で決まります。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」を表したものです。「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、体内時計の特長を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のリズムと機能性が持たらす作用について調べる新しい研究分野です。糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンが上手く機能しなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生する色々な病症からの回避につながり、健康な人と同様に活動的な日常の生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)や人生を謳歌できるよう努めることです。食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防に持つながります。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと大抵の患者さんは捉えます。ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、決して食べられないという食品はありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるりゆうではなく、食べ物に含まれる色々な栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。この食事療法の考えは、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、常々みなさんが意識して考えないといけないということです。健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方立ちのなかで、「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかも知れません。糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、前もって生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を変えるということは難しいことです。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、様々な体調の変化が顕れてきます。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンの分泌量の変化は、自覚症状のない時から出てきます。続きはこちら⇒糖尿病予防食事

About the Author

コメントを残す