ウェルネスダイニングの宅配弁当は糖尿病の制限食にぴったりです

糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、病状の継続・悪化につながりやがて合併症(病気ではなく、手術や検査などが発端となって、何らかの病気が起きてしまうこともあります)を引き起こす要因となるのです。2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、治療の目的として食生活の改善が重要です。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症(病気ではなく、手術や検査などが発端となって、何らかの病気が起きてしまうこともあります)を予防、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンが上手く機能しなくなり、血糖値が上昇したままの状態がつづく病気です。糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病合併症(病気ではなく、手術や検査などが発端となって、何らかの病気が起きてしまうこともあります)(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、病気に縛られない普段の生活や人生を謳歌できるよう努めることです。治療のための食事療法を正しく実行すれば、その他の発症や進行における糖尿病合併症(病気ではなく、手術や検査などが発端となって、何らかの病気が起きてしまうこともあります)や動脈硬化症を防ぐことができます。1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな糖質制限食」の目安です。一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯の量を少なくすることが大事です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当とご飯の量を半分にすることを、推奨しています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。人は歳とともにインスリンによる筋肉への糖の吸収が減ってます。そのため、血糖値が上昇しやすくなるのです。食事の後は特に、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富にふくむ野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、体も適度に動かしているから大丈夫」と感じてる方もいるでしょう。自覚症状のない病気の場合は、沿う考えるのも無理はないです。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、からだの中では、すでに変化が起き初めています。体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリンの分泌量の変化は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、食品のうち1日に交換できる単位が20となるのですが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。一方、薬物療法を受けている患者さんの場合、どのタイミングで食事をすればよいのか掌握しておかないと、低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。日々の献立作りに変化を取り入れたり、上手く外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してちょうだい。一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまうでしょう。時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。沿うした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹中枢が満たされたりするからです。忙しいとき、シゴトの合間に短時間での食事摂取は回避しましょう。食物繊維は血糖値を下げる作用を促進しますので、海藻類やキノコ類はたくさん食べて下さい。糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。いろいろな種類の栄養素を適切な量摂る事が、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になるのです。普段私立ちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、その中に多く含有される栄養素ごとに、6つの表を創り6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量を1単位80kcalとして記載しています。食品交換表を持とに普段の食事を意識すると、料理の種類も豊富になるのです。糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと考える患者さんがほとんどかもしれません。ところが、糖尿病になったからといって、食べられない食品はほとんどありません。普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」というりゆうではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になるのです。根本的な食事療法の考えは、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、一般の健康な方立ちにすごく必要なことなのです。体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)を伴う危険性が潜んでいます。糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」に大聴く左右されます。日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「食べるタイミング」といった体内時計の特徴を付け足し、食事のタイミングと役割に関して考える新しい研究分野です。こちらもおすすめ⇒ウェルネスダイニング 口コミ

About the Author

コメントを残す