糖質制限食は筋トレと併用して効果が上がる

沢山の食品群にはさまざまな栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。それぞれにふさわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。私立ちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、それぞれに多く含まれている栄養素を元にして、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、食品の重量=80kcal(1単位)としてけい載しています。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、料理のメニューの参考にもなります。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大きくもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、その状態が継続、悪化してしまうと多くの合併症を引き寄せてしまいます。間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になりますので、治療には食生活の見直しと改善が必要です。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」にはけい載されています。普段から、カロリーなどを頭に入れておくとよいでしょう。一方、薬物療法を受けている患者さんの場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。日々の献立造りに変化を取り入れたり、上手な外食の仕方をおぼえて、食事療法を豊かにしてください。糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯を少なく摂ることが大事です。若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないという事です。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、そんなにカロリーを気にしないで、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「何と無く食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、予防のための注意を払うことは少ないかも知れません。しかし、糖尿病の境界型になると、いろんな体調の変化が顕れてきます。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンが出にくくなったりする変化は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと想像している患者さんが多数だと思います。ところが、糖尿病になったからといって、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを意識することが目的となります。こうした食事療法の目的は、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。人は年齢とともに筋肉でのインスリンによる糖の吸収が減っていきます。そのため、血糖値が上昇しやすくなります。食後は特別、ブドウ糖が急激に体内へ吸収されるため血糖値が上がります。「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。野菜から先に食べる食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。併せて、ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンがうまく機能しなくなり、血糖値がナカナカ下がらなくなる病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、充実した人生をおくるようにすることです。治療法はさまざまですが、正しい指導のもと食事療法を通して、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化症など)も回避できます。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。「体内時計」は、生活スタイルから影響を受けています。「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと機能性との関係について考える新しい研究分野です。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。いくら仕事が忙しくても、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂ってください。ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってください。管理人のお世話になってるサイト⇒糖質制限食 宅配

About the Author

コメントを残す