糖尿病食も宅配食を利用すれば負担軽減できる

1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。日常的に、カロリーや栄養素を掌握しておくと便利です。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思うのですが、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖になることがあるので注意が必要です。献立をマンネリ化指せない工夫をしたり、外食の仕方にも工夫を凝らして、食事療法を豊かにしてください。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があるのです。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、何かと病状悪化の原因となり多彩な合併症を誘発します。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。かず多くの食品群には色々な栄養素がふくまれており、それらを適量摂取する事が、糖尿病を患った方には非常に大切な食事法です。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。その食品交換表で私立ちが日々摂取している食品を見てみると、多くふくまれている栄養素によって、調味料と6つの食品グループと表に分類して、食品の重量=80kcal(1単位)として掲さいしています。日常的に食品交換表を利用することにより、料理の種類も豊富になります。体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、それらの生理機能には日内リズムというものがあり、「体内時計」と密接に関わっています。毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のリズムと効果の関わりについて考える新しい研究分野です。患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、スポーツもナカナカできる時間がない」と思っている人も多いでしょう。自覚症状のない病気の場合は、前もって生活を変えるということは難しいことです。そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、多彩な体調の変化が顕れてきます。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病と診断される前の段階からあります。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。多忙な仕事の合間に、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維は血糖値を下げる効果がありますから、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂ってください。糖質が多くふくまれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯の量を減らすことが重要です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。すなわち、糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、提案しています。「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。インスリンの作用は年齢と一緒に低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。食後は特別、ブドウ糖が急激に体内へ吸収されるため血糖値が上がります。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。食物繊維を豊富にふくむゴボウやキャベツといった野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用を持たらします。ご飯や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質の吸収も緩やかにするため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンがバランスを崩し、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することにより、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生する色々な病症からの回避に繋がり、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、充実した人生をおくるようにすることによりす。食事療法を初めとした治療が適切におこなわれれば、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。糖尿病というと、制限された食事と思い込んでしまう患者さんが多いことでしょう。ところが、糖尿病になったからといって、食べられる食品はたくさんあります。普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」という所以ではなく、食べ物にふくまれる色々な栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを考えることが大切になります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、健康なひとも含め皆さんが考えないといけないことなのです。詳しく調べたい方はこちら⇒糖尿病食 宅配

About the Author

コメントを残す