腎臓病の治療は人工透析回避が第一です

理想的なたんぱく摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重を約60kgと仮定すると、おおかた必要なたんぱく摂取量は、一日50gです。食品におけるたんぱく含有量をしりたければ食品標準成分表で捜してみて参考にするとよいでしょう。このような食事療法については、栄養士の指示で色々な工夫についてしることが出来ます。開業医さんで食事指導が難しい場合は、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。濃縮加工した野菜ジュースは、生の野菜や果物とくらべて大概はカリウム含有量が非常に高いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。健康な腎臓機能でなくなると、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、未然に腎臓の機能低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。治療法も多様化してき立ため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、昨今では透析療法や移植にとどまらずいくつもの選択肢が用意してあるので、個々の状態と環境にマッチした治療を受けることが出来ます。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。食事療法に肝心なのは減塩とたんぱく制限であり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、たんぱく制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・たんぱく制限が体重1kgに対し0.6g、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・たんぱくの約半分にあたり、たんぱく制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明りょうにします。一日における排泄物を検査し計算をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析出来ます。腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、日頃から健康診断を怠らないようにし、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで健康な人と同様に生活する事が可能です。それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには自覚症状が出ないものもあるため、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、医療機関を受診しましょう。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿をつくり体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、たいへん重要なはたらきを私たちの体の中で行っています。腎臓に関する治療は病院に行って相応の対処も必要ですが、日常的に健康的な生活を意識する事が大切なんです。腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると一般的に腎不全へ移行します。腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長期間にわたりじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って病状に至る原因を取り除くことができれば、腎臓の機能回復が期待出来ます。慢性腎不全については、その特長により徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。私たちの腎臓はソラマメに似た形をしており腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管があまた密集している場所でもあります。腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、または、赤血球を創るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の成長段階に必要なホルモンをつくり出すなどの重要な役割を担っています。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を選びましょう。毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。料理次第で、薄味で持たいへんおいしく食べることが出来ます。たんぱく質が多く含まれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限を必要としている方にふさわしい食品として「低たんぱく食品」が一般に販売されています。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてちょうだい。こちらもおすすめ⇒腎臓病食 宅配

About the Author

コメントを残す