ウェルネスダイニングの腎臓病専門の冷凍宅配弁当は管理栄養士が考案して作成されています。
肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多くふくまれており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けてください。甘いものには意外に沢山のたんぱく質がふくまれているのです。オヤツは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個分と同程度のたんぱく質が入っています。腎臓病のご飯療法の目的は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康体のキープとされます。透析の要らない保存期のうちは、ご飯療法を試みる事で腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)への進行を遅らせることができ、透析を要する時期を極力遅く出来るはずです。この他、透析を要する状況となっても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、ご飯療法は非常に重要な治療法です。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を含んだ老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)となり排泄する際、腎臓に負担がかかります。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日換算で約30g~40gです。腎臓病に悩まされる方にむけて、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。ご飯管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が落ち込む程に、より厳しくご飯を徹底しないとなりません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も伴います。自己の判断で適当に献立を決めずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしてください。腎臓病のご飯療法がうまくいくと、からだの中に老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)(毒素)がたまりません。老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の悪化を極力抑える事が出来るのです。沿うとう上手くいった場合、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせる事が可能なのです。ご飯療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。ご飯療法に関しては、患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)が自ら自発的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。日々のご飯で得立たんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)が形成され血液中に残ります。血液は腎臓の内部で分離され、要らない老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)が増える事になるため、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大事な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷をうけるので本来通り血流が成されずに、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)が、増加する事態になります。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の誘因になったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く怖れがあります。ですから適正なご飯療法をおこない、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値体内に供給し続ける事が求められます。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)で、腎臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉の量が減れば、合わせてクレアチニンの数量も減るりゆうです。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が増加するので、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。この場合 飲み水だけではなく、食品自体がもつすべての水分と考えます。浮腫がなかったり軽い場合は制限が必要になるのは塩分のみです。この場合の水分制限は病気の状態や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水になるとかえって腎臓の機能低下につながるので自分勝手な制限はしてはいけません。水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類を含んだご飯をつくる場合、細かく切り分けて茹でこぼすか水にさらしてから調理してください。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、個々の食品や調理をおこなう際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きちんと搾る事で効果は高まります。あわせて読むとおすすめなサイト⇒ウェルネスダイニング

About the Author

コメントを残す